GQI[人間力診断]:自立型人材のコアにある力。それが人間力です。

診断の特徴

自らの足で立ち、自らの頭で考え、果敢にかつ愚直に行動する力

経済のグローバル化の進展、地球環境の悪化、そして少子高齢化の進展と団塊世代からの引き継ぎ…。前代未聞の大変化の時代を迎えたいま、自らの足で立ち、自らの頭で考え、果敢にかつ愚直に行動する「自律型人材」が求められています。

「自律」した人材とはどのような人材を指すのか。卓越した業務遂行能力を備えた人材であることは言うまでもないでしょう。しかし、私どもは、自律の核に強い人間力があると考えております。

人間力。内閣府はそれを「社会を構成し運営するとともに、自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力」と定義しています※。この「GQI[人間力診断]」は、この定義をもとに、自律型人材の特性を人間力という切り口から把握し、そのポテンシャルをもった人材の採用、あるいは育成、自己成長に寄与することを目的とするものです。

※内閣府「人間力戦略研究会」,2003

line

自律型人材の特性を「人間力」という観点から把握

「意欲」「適切なコミュニケーション」「タフネスさ」…これらは、社会の一員として、自分の足で立ち、力強く生きていくために必要不可欠な要素であり、人間力を構成する要素でもあると考えます。

これらの要素の状態を適切に把握できないか、そしてそれを採用や教育に活かし、お客さまの自律型人材の育成に寄与できないか。これが「GQI[人間力診断]」の開発背景にある思いです。

line

診断の構成

「共創」に向かう評価眼を育てる

本診断では、人間力を単一の指標ではなく、人格面における心(自己成熟度)、技(スタイル)、体(バイタリティ)の3側面から多面的に診断します。

line

GQI[人間力診断]モデル


診断のアウトプットイメージ

診断のアウトプットイメージ

画像を拡大

こんな方におすすめ

若手社員の人間力を把握し、人事施策・教育プログラム・組織変革の方向性を検討するための基礎資料として

マネジメントやリーダーを対象とした教育研修における若手社員の育成、コーチング課題を検討するのための基礎資料として

組織の人間力の定点観測用資料として

只今、トライアルキャンペーン実施中!!

お問い合わせ