リーダーシップ研修+マネジメント能力診断「P-AREA」

背景

経営環境の変化が激しい今日、業務管理と効率化に主眼を置いたマネジメントだけでは、問題解決が困難になってきました。そこでメンバーの主体性を喚起し、影響力により目標を追及するリーダーシップが必須となって来ました。リーダーシップは経営者から末端の社員まで、求められるスキル発揮に濃淡はあれど、皆に求められるものです。

目的

1. 変革期に求められるリーダーシップの概念とスキルを学ぶ
2. 現状分析を通して、マネジメントとリーダーシップの機能的違いを理解する
3. 自己認識を深め、変わりつつある業務課題にたいするリーダーシッププランを立てる
 * 事前課題・・・P-AREA 
 

 プログラム
 


1. オリエンテーション

              (L)
・研修の目的と持ち帰るもの
・環境変化とリーダーシップ
・マネジメントとリーダーシップの相違点
2. 現状分析

         (L)(PW)(GD)
・今までのマネジメントとは(その目的と効果を考える)
・リーダーシップの必要性(リーダーを探してみる)
・リーダーの持つスキルとは(リーダーを分析する)
3. 自社に求められる
 リーダーシップ
          (L)(GD)(CD)
・外部環境の変化を再認識する(今までとこれから)
・業務の変遷を確認する(課題、納期、効率、メンバー)
・自己課題を整理する


1. リーダーシップの発揮
 とそのスキル

                (L)(GD)
「ケーススタディ」
・影響力とコミュニケーション
・コーチングスキルとメンバー把握
・リーダーとフォロワーの関係
2. 自己認識 P-AREA

           (L)(PW)(CD)
・自己の特性を認識する
・これまでのリーダーシップを振り返る
・これからの自己課題とは
3. リーダーシップの
 新たなる発揮計画
           (PW)(CD)(L)
・アクションプランの策定
・チーム課題の再認識
・リーダー宣言

          (L)講義 (PW)個人研究 (GD)グループ討議 (CD)全体討議                     
   

お問い合わせ