環境への適応を常に可能とする診断-OMAC

About OMAC OMACについて

組織診断「OMAC」の基本的考え方

 



組織診断「OMAC」が提供する項目

組織診断「OMAC」は、ソシオテック研究所のコンサルティング活動を通して蓄積された経験・ノウハウと、世界最先端を行く筑波大学大学院システム情報工学研究科の数理解析能力とを統合し、3年にわたる共同研究の結果、開発されたものです。あるクライアントより、「自社の業績を継続的に安定させるため、現状を分析し対策を講じることのできる組織診断ツールを開発して欲しい」との要望を受け、弊社の技術顧問である筑波大学大学院住田潮教授の参画を得て、組織診断「OMAC」開発共同プロジェクトが産声を上げました。厳しく徹底した議論と緻密な論理的分析の積み重ねを通して、数多くのクライアントが実感している問題意識と、過去20年の日・米・欧の事例調査から導き出された企業不祥事の原因とを体系化し、病因領域と症状領域を関連付ける組織症候群の概念に基づく全く新しい組織診断の方法論が確立されました。それによって、後述するように、既存の組織診断システムには無い『7つの大きな特徴』を備えた、画期的な組織診断システム「OMAC」が生まれたのです。サンプルモニターとして様々な業種の様々なクライアントに組織診断「OMAC」を実際に受診して頂き、その分析を通して改良を重ねた結果、現在までにモニター企業から高い評価を頂き、組織診断「OMAC」の信頼性を証明することができたと考えています。我が社は、組織の成長と発展を目指す各企業様に対し、組織診断「OMAC」を自信を持って推奨致します。

開発経緯
  組織診断「OMAC」が提供する項目

 

※各項目をクリックすると詳細説明へリンクします。

 

その1.対症療法から、原因・予防治療へ


その2.組織活力 vs. 恒常性のバランス診断


その3.部門・職層別診断とその有機的統合


その4.企業合併・組織再編に対する組織評価


その5.社会的趨勢の把握と位置確認


その6.時系列データ蓄積による対応策の費用対効果分析と財務指標 vs. 組織力(活力、恒常性)の相関分析


その7.グローバル経営の土台形成サポート